【GoPro用microSDカードとネット通販の落とし穴】

  1. GoPro


 Amazonなどのインターネット通販でGoPro用にmicroSDカードを購入する際、何よりも気をつけるべきことがあります。GoProが公式に推奨しているmicroSDカードではない商品を、GoPro推奨カードとしてリンクを貼り、いわば騙し討ちのようにして購入させているサイトがあることです。

GoProが公式HP上で推奨しているmicroSDカード

GoProはその公式HP上でGoProに相応しいと認めるmicroSDカードを型番とともに公表しています。HERO4とHERO3で正常に録画できる32GB以上のカードは次の通りとなっています。

HERO4 Black & Silver
HERO3 Black Edition & HERO3+ Black Edition

SanDisk Extreme PLUS UHS-I 32GB
 (SDSDQX-032G-A46A – 32GB)
 or (SDSQXSG-032G-ANCMA)
SanDisk Extreme PLUS UHS-I for Action Cameras 32GB
  (SDSDQX-032G-AA4A – 32GB)
SanDisk Extreme UHS-I for Action Cameras 2-pack 32GB
  (SDSQXNE-032G-ANCAT)
SanDisk Pixtor Advanced 32GB
  (SDSDQX-032G-AB46A)
 or (SDSQXSG-032G-ABCCA)
SanDisk Extreme UHS-I 32GB
  (SDSDQXL-032G-A46A – 32GB)
 or (SDSQXNE-032G-AN6MA)
・Lexar 633x UHS-I 32GB (LSDMI32GBBNL633R)
・Samsung Pro UHS-I 32GB (MB-MG32DA/AM)
SanDisk Extreme PLUS UHS-I 64GB
 (SDSDQX-064G-A46A – 64GB)
 or (SDSQXSG-064G-ANCMA)
SanDisk Extreme PLUS UHS-I for Action Cameras 64GB
 (SDSDQX-064G-AA4A – 64GB)
SanDisk Pixtor Advanced 64GB (SDSDQX-064G-AB46A)
 or (SDSQXSG-064G-ABCCA)
SanDisk Extreme UHS-I 64GB (SDSDQXL-064G-A46A – 64GB)
 or (SDSQXNE-064G-AN6MA)
・Lexar 633x UHS-I 64GB (LSDMI64GBBNL633R)

ただ、海外版と国内盤とではパッケージと型番が違うだけで中身は全く同一製品というケースもあります。そこで、まずサンディスク(0120-89-3009)に電話で確認したところ、上記「SanDisk Extreme 32GB microSDHC (SDSDQXL-032G)」と全く同じ中身の商品として「SDSDQXL-032G-J35A」があり、同じくSanDisk Extreme 64GB microSDXC (SDSDQXL-064G)と中身が同一の商品として、「SDSDQXL-064G-J35A」があるとのことでした。

つまり、GoProが推奨するサンディスクのmicroSDカードは事実上

SanDisk Extreme PLUS UHS-I 32GB
  (SDSDQX-032G-A46A – 32GB) or (SDSQXSG-032G-ANCMA)
SanDisk Extreme PLUS UHS-I for Action Cameras 32GB
  (SDSDQX-032G-AA4A – 32GB)
SanDisk Extreme UHS-I for Action Cameras 2-pack 32GB
  (SDSQXNE-032G-ANCAT)
SanDisk Pixtor Advanced 32GB
  (SDSDQX-032G-AB46A) or (SDSQXSG-032G-ABCCA)
SanDisk Extreme UHS-I 32GB
  (SDSDQXL-032G-A46A – 32GB) or (SDSQXNE-032G-AN6MA)
SanDisk Extreme PLUS UHS-I 64GB
  (SDSDQX-064G-A46A – 64GB) or (SDSQXSG-064G-ANCMA)
SanDisk Extreme PLUS UHS-I for Action Cameras 64GB
  (SDSDQX-064G-AA4A – 64GB)
SanDisk Pixtor Advanced 64GB
  (SDSDQX-064G-AB46A) or (SDSQXSG-064G-ABCCA)
SanDisk Extreme UHS-I 64GB
  (SDSDQXL-064G-A46A – 64GB) or (SDSQXNE-064G-AN6MA)
SanDisk Extreme 32GB microSDHC
  (SDSDQXL-032G-J35A)
SanDisk Extreme 64GB microSDXC
  (SDSDQXL-064G-J35A)

のみとなります。これ以外はたとえサンディスク製であってもGoPro推奨外の商品となるため、言うなれば「GoPro規格外microSDカード」です。

しかし、上記の推奨カードをAmazonで検索しても、品揃えが非常に薄いです。特に32GBに関しては、サンディスク自らが出品していても並行輸入品であったりしますし、聞いたこともないショップの米国店が海外リテール品として販売していることも珍しくありません。

そういった事情もあり、たとえば

SanDisk Extreme 32GB microSDHC (SDSDQXL-032G)

という文字でリンクが貼られてあるのに、クリックしたリンク先のAmazonページが全く別の商品というサイトが散見されます。これはアフィリエイターが報酬目当てに仕込んでいる騙し討ちの定番手法なので、絶対に引っかからないように気をつけてください。同じサンディスクで一見似たような型番の商品へとリンクがされているパターンが目に付きます。

これに気付かずに引っかかってしまうと、GoPro公式推奨品を買ったつもりが推奨されてもない規格外商品を使う羽目になります。せっかく購入したGoProもその本領を発揮できず、しかも使う前からケチが付いた状態です。

公式推奨品としてリンクが貼られてあった場合でも、リンク先商品の型番号は絶対に確認してください。

GoProが推奨していないmicroSDカードを使うとこうなる

では、GoProが推奨していないmicroSDカードを使うとどうなるのでしょうか。わかりやすく推奨ブランドに存在しないトランセンド製で試してみました。

今回試したのはこれはトランセンドの

・microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) TS64GUSDU1E (FFP)

という商品ですが、これ自体は決して悪い商品ではありません。むしろ、非常に高性能な部類に入ります。ただ、高性能ではあるものの、GoProが要求する厳しいスペックに応えられないので、使い続けていると、

こうなりました。

PCに挿しても


としか反応せず、デジカメ経由でもPC側で認識せず、スマホに挿しても認識せず、復旧ソフトのDiskDiggerProで復旧を試みようにも、

という状態です。

この「ドライブ○○を使うにはフォーマットする必要があります」というエラーメッセージを見るのはもちろん初めてではありません。一眼用コンデジ用ドライブレコーダー用ビデオカメラ用スマホ用タブレット用その他まだ何か持っていたはずですが、それらSDやmicorSDをPCに挿すと、ときおり目にするエラーメッセージです。そして、カードを挿し直すと治るエラーでもあります。

しかし、今回のように何度挿し直してもフォーマットを要求されて復元するにも骨が折れる事態になったのは初めてです。GoProがmicroSDカードに求めるスペックは非常に高いと感じてはいましたが、実験にしては今回ちょっとSDカードに無理をさせ過ぎました。

カメラメーカーがわざわざ公式HP上に「最高の使用体験を得られる推奨カードのリスト」として、推奨SDカードの銘柄を明記するには、そこまでしなければならない理由があります。GoProは、推奨カードで楽しむことを前提に開発されているからです。GoProの本領を発揮させてあげられないカードを使うことは、GoProからすると想定外の利用方法と言えるかもしれません。

ということで、GoPro用にmicroSDカードを購入する場合には、正しい推奨品を購入してください。

「推奨品」としてAmazonへのリンクが貼られてあっても、リンク先が推奨品でない全く別商品の可能性もありますので、必ず型番までご確認ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。